のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 24日

やろうぶた

やろうぶたが、よろしいか?

変換するとき「野郎豚」となり、思わず噴き出した。

薬籠蓋のことを、京都の人は「やろうぶた」と、発音する。

諸事情からお茶碗を家の中に20個持ち込んで放置しておいた。
以前はきちんと仕舞うところが決まっていたので、出したいものがすぐに取り出せたが、今では、箱と中身が、一致するかどうか怪しい。探すときに、ちょっとした認知テストのようなスリルがある。
e0036151_23100295.jpg
茶碗によっては、ためらわずに出せるものもある。この画像は間違えて載せてしまった。消し方が分からない。トホホである。
やろうぶたはこちら。
e0036151_20271869.jpg
出したついでに一服。
お菓子がないので、堅田の小豆の甘煮。
e0036151_20275506.jpg



今年の9月は雨の日が多かった、多かったというより、日々の暮らしも、雨の合間を縫って洗濯物を乾かした。
うちには乾燥機などはない。
ピアノの部屋も、時に、湿度が70%近くにまで上がることがあった。

9月中旬には、6月に仕立て直した軸が出来上がってくるはずだったが、乾かないのかまだ連絡がない。

掛軸のことを、京都の人は「おかけじ」と発音する。

蒟蒻は「おこんにゃ」

やろうぶたが、よろしいか?とは、箱の製作をお願いしたときの出来事である。

「く」をを発音しないのだ。

以来、恐れながら「く」のない生活に準じている。





[PR]

by coppoumon | 2018-09-24 16:10 | Comments(0)


<< 振替休日まえの金曜日      名残 >>