のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 24日

振替休日まえの金曜日

4連休が出来。

休日にピアノ三昧、読譜三昧で過ごしたい、という希望が叶ったことはない。
ピアノの部屋は秋の光が差し始めた。
もう少し気温が下がると調律を依頼する。
e0036151_21051552.jpg
9月21日金曜日。
甥っ子に食事を誘ったら、この日がよいらしい。

それで、夕方から北新地へ。

行先は山守屋である。
この店は、自分一人でくつろぐ店でもあるので、誰彼と、連れ立って行ったことはない。

店の人に、この店に通い始めたころの姿で、つまり、コスプレで行くからね、と言っておいたのだが、
その通りスーツを着て、ロセッティの靴を履いて玄関を出ると雨だった。
あかんわ。

店で、甥っ子とこんな話をした。

雨だと、靴が、もう、履けんようになるし・・

と、着ぐるみはがされるように、すっぽりと脱いで、普段着で出かけた。

衣装で、経費とみなされていたスーツ類は、ほとんど処分したが、すべて神戸で誂えていたので、いくつかは残してある。
ネクタイは半分ほど欲しいというのを差し上げて、まだまだ、締めたことがないものもある。

スーツを、ほどいて、甥甥の七五三の三つ揃えにならないか、と相談したのだけど、解いて剥ぐと、小さな切れ端ばかりになるから、煩わしいという。

甥っ子の弟のほうが上着だけでも着まわすかなあ。
イギリスではおじいちゃんの着た服を、仕立て直して着るっていうからね。

2時間ほどとりとめのないことばかり話して、帰宅することにした。

e0036151_21050250.jpg
大人サイズのズボンをちょん切って、大人用の半ズボンになりそうなのに、子供用の半ズボンにならないのはなぜだろう。
夜景を見ながら、不思議で仕方がなかった。

子供のころ、私の初着がしまい込んであるのを、何にするのだろう、と考えた。

母にいうと、ああ、あれ富士絹ねえ。父の兄が、内々で久々の男の子というので、呉服屋で調達してきた。という返事だった。

意地でも、一着くらいは三つ揃いに化けさせたくなった。

[PR]

by coppoumon | 2018-09-24 21:29 | 大阪 | Comments(0)


<< 2018 秋分の日前後のメニュ      やろうぶた >>