人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 09日

年の瀬 2018 その2 ブドウ豆

丹波黒豆 秀 と書いてあった黒豆。

28日の夜、寝るまえに水につける。
12時間きっちり漬ける、8時間漬ける、6時間つける。

色々な説がある。

8時間つけたら、6分の一ほどの豆が破れた。
こういうときは6時間・・という説を採るのだろうか。

e0036151_20204098.jpg
上の写真は、2時間炊いて、毛布にくるみ1じかんちょっと雑用をして、また2時間炊いてゆびでつまんで崩れそうなくらいに柔らかくなった黒豆。

これを砂糖蜜を沸かした中に入れ、一昼夜おく。
そのあと、更に砂糖を加えて10分炊き、一昼夜おいてできあがり。


黒豆のなべの番人をするついでに椎茸を煮含めた。
普段は煮切ってしまうのだが、だし汁を少し残して、ごぼうの煮汁に用い、残りをこんにゃくを煮るのに使う。
なぜか今回は失敗で、結局、煮しめ直した。
味は悪くない。



e0036151_20213610.jpg

おはなちゃん、ブドウ豆、やってみんさい。
むずかしいもんじゃないけん。

その気になったら、分量をいうけん。




by coppoumon | 2019-01-09 20:33 | 常の日の惣菜 | Comments(3)
Commented by apercevoir at 2019-01-19 09:34
ほんまに、こように美しゅう出来るんかいね。。

黒豆なんか、特・特・特・特・特上レシピなんじゃけん。。

ほいでも、やってみたいよね~!!!!!!!!

コップ先生のレシピをプリントアウトして、ガス台の目の前に張り付けてやってみとうなったけん。。

分量、お願いするけんね。
Commented by coppoumon at 2019-01-19 23:13
黒豆を三倍量の米のとぎ汁に浸ける。
浸ける時間は、12時間ちょうどが良い、と習ったが、8時間、6時間説もあり、6時間で豆がはじけすぎるようなら、それまで。
8時間でたくさんはじけるようならそこまで。

浸けた豆をザルに上げて、割れたものを取り除く。

沸騰するまでは強火、そのあとは弱火で3時間ゆでる。
親指と小指ではさんでつぶれるくらいに柔らかく煮えたら火を止め、ふたをして、冷めるまで蒸らす。

そこまでが、前半の作業。

別に砂糖蜜を作って、熱いところに熱い豆を入れ、一昼夜置く。

豆に甘みが移り、蜜はさらっとしているので、また、砂糖を加えて10分煮て、もう一昼夜置くと、出来上がり。

砂糖は、豆の量の、1から1,3倍くらいを使う。


コツは、砂糖蜜と、豆を合わせるとき、どちらも熱々にしておくこと。そうしないと、豆にしわが寄る。

重曹も、米のとぎ汁も、使うたこと、ないんよ。
やればできるもんじゃけえ、やってみんさい。
Commented at 2019-01-20 19:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 三巡目 12月に弾いたもの      年の瀬 2018 >>