人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 31日

一月中なら 松の内

一月中なら、松の内・・・幕ノ内だろ。伏見で食べた幕の内はおいしかった。

e0036151_08591710.jpg

いや、松の内。

年賀状を、あと3通、出せないまま月が替わろうとしている。
半月寝て暮らしたので、こういう事に。
寒中見舞いで、低身低頭だなあ。

2018年から、2019年にかけての振り返りをしてみよう。あと、5日で旧正月だし。

正月に飾る花もなく、庭の太神楽をガラス皿に入れて、玄関に置いた。

e0036151_08593986.jpg
強く印象に残った方々との出会いがあった。

正月の泰勝寺の若住職。

鳥取市でのお茶の先生。そのお弟子さん。ジャズの大学生。

柔道家で、津軽三味線演奏家の、松江市の鍼灸の先生。



時々、体内ラジオが歌い始める。

かえりにゃ寄っちょくれんか、かえりにゃ寄っちょくれんか、あばら屋じゃけんど、
唐芋飯ゃ粟ん飯、唐芋飯ゃ粟ん飯、黄金飯ばよ、しょうかいな・・・・

島原半島をドライヴした時に垣間見たキリシタンの残影と、子守唄と、武家屋敷。

米はつなぎ程度にしか入っていないであろう、芋と粟のご飯。
餅粟を手に入れて、芋かゆなら、と、唐芋飯が具現化してくる。



震度6の直下地震にも強烈な台風にも、何事もなかった私のあばら屋は静か。
正月に置いた椿の太神楽が、1ヶ月経っても傷むことなくそこにある。

今年は裏庭をマメに手入れして、花暦が出来たら、めでたし。
その時には、穴子飯でも食べると、さらに、めでたし、めでたし。















by coppoumon | 2019-01-31 09:41 | Comments(0)


<< 三巡目 1月に弾いたもの      同じ湯呑みが出て来た >>