人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 19日

鰻谷から三休橋をあるく

島之内近くに出かける用事があった。
開放されたのが5時前で、久しぶりだからと、周辺を歩いてみることにした。
e0036151_08505457.jpg
長堀には観光バスが5台、反対側の車線にも3台。みな外国人観光客のための団体専用バスなのだそうだ。
たそがれを、旗を持った人を先頭に、50人ほどの観光客が歩いていく。
え?又来たよ・・

e0036151_08511585.jpg
日曜日のビル街のどこに行くのだろう、と不思議に思ったが、小さなホテルもたくさんあるのだそうだ。
建てかわるものは殆どがホテル、と、ちかごろの大阪京都ではよくあることだ。

50年前には新しい店だった洋食屋が、まだやっているということで、周防町まで下っていった。

e0036151_08513645.jpg
e0036151_08515893.jpg
e0036151_08514725.jpg
18人ほどが座れる長い長いカウンターに、椅子は10客並んでいる。

時間が早いのか、客は誰も居なかったが食事を終える頃には3組の客が来て、店は一杯になった。
常連さんばかりらしい60代のアヴェック、70代の婦人連れ、70代の夫婦・・と、よい雰囲気だ。


店を出て、道頓堀まであるく。
e0036151_09045719.jpg
すごいなあ。香港に言ったときのことを思い出した。
e0036151_09055848.jpg
日本語は殆ど聞き取れない。
予想だにしなかった賑わいぶりである。

もう少し、下がって丸福コーヒーに入った。


母方の祖父は、この辺りで商いをしていた。母はこの、丸福が出来たころを知っているという。

祖母はいう。
おじいさん、夜になると「正弁丹吾」いって一杯飲まはりますねん。
わて、子どもたち連れて、千日前でレモン水のんだり、金魚すくいしたり。
戦争中や、いうても、のんびりしてましたさかいなあ。

e0036151_08522255.jpg
コーヒー屋の店内は、何一つ変わらない。
e0036151_08523583.jpg
家に置くには不思議としか言いようのない飾り物も、ずっと、そこにある。

さて。
この間来たのは、いつだったっけ。
誰と来たのだろう。

3人以上で来たことはないこの店。
次に訪れるのはいつなのだろう。

先ほどの洋食屋が出来たばかりのころ、近くには新宿中村屋のレストランがあり、ボルシチ、ピロシキ、インドカリーと、楽しみだった。濱酢という食堂があって、秀逸だった。ユーハイムが、ドイツ料理を出していた。
小さなオープンキッチンの「鶴の子」の常連だった。
庵月の隣の蕎麦屋はもうない。


よく食べたなあ。









by coppoumon | 2019-03-19 09:26 | Comments(0)


<< 米子へ 2019・3・21      夏みかんのママレード 2019 3C >>