人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 31日

初夏の旅 三度目の長崎巡礼その4 

深堀鍋島家が、野母崎一帯を所有していた。
深堀家は平家、三浦の一族で、鍋島家から養子を迎えている。
三浦一族の墓ですよ、と以前に友人が車の中から教えてくれたその墓の家紋は「丸に三」まぎれもなく三浦である。
平家一族の地であったのだ。

善長谷(ぜんちょうだに)に行きたいと思った。

友人が下調べをしてくれて、出発したのだが、すぐそこまで来て、ナビででてこない、という。
そこからが文字どおりの紆余曲折。
こんなところ、通れるのだろうか?いや、仮にも舗装されているということは、道路ではないか?対向車が来たらアウト!

私は先ほどチラッと見た神社と、無人販売所の3つで2キロ近くありそうなずっしりとした柑橘を気にしながら、ピアニスト氏の運転に身を任せていたら、男の人が通りかかったので尋ねると、すぐそこですよ、といい、まさにその通りだった。

e0036151_16493323.jpg
信徒数250人という。
e0036151_16503176.jpg
遠藤周作の「女の一生」のなかで主人公「きく」が葬られた場所は教会前の大きな楠であった。
e0036151_16512005.jpg
見晴らしの素晴らしさ。右手に高島。左は蚊焼だと、ピアニスト氏は教えてくれる。
実際に教会の前に大きな木がありアンジェラスの鐘が提げてあったが、楠ではなかった。
e0036151_16545717.jpg
すごい腰周りだ。ピアニスト氏はおいしそう・・という。
e0036151_16565301.jpg
e0036151_16514883.jpg
珍しく開けたところには大きなびわの木があり、袋がけしてあることで、人の営みの地なのだ、と気持ちがもどる。
旅芸人としてここに移住した長谷川甚介、佐八親子の石碑があった。墓じゃないよね・・となんども文字を読む。
教会の下のルルド。
ここではおミサが挙げられるようになっている。
e0036151_16523503.jpg
栗が花をつけていた。
e0036151_17064167.jpg
 


by coppoumon | 2019-05-31 17:09 | 旅先で | Comments(2)
Commented by yasukon20 at 2019-06-04 20:37
こんばんは!

ミサが午前7時からとはすごいですね。
そして信徒250人もおられるのですね。

ナビにも出てこない道 我が夫が行くさきにもそういう所が時々あり心配になります。
遠藤周作の「女の一生」また読んでみたくなります。
Commented by coppoumon at 2019-06-05 23:04
長崎の人は、熱心じゃねえ。
原爆に遭うちょっても、祈りの長崎、怒りの広島いわれるけん、絶えず、祈りを捧げる、いうイメージがあるねえ。


<< 初夏の旅 三度目の長崎巡礼 そ...      初夏の旅 三度目の長崎巡礼 その3 >>