人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 11日

初夏の旅 三度目の長崎巡礼 最終日

4時には空港に向かう。
それまでは行き当たりばったりにのんびりと、長崎の空気を吸ってすごす。
長崎旅行は濃く、非日常。

さて、浦上の市場で買い物をすれば、普段の長崎生活を実感できるのではないか。お弁当を作る惣菜屋にも佇んでみたい。
あの、スペイン菓子は、きょうはケーキ類が並んでいるだろう・・・まあ、とりあえず、いったことのない駅前にでて、立山の奉行所で、三月半ばまで行われていた朝鮮通信史展の目録でも手に入れて、松翁軒でカステーラを2種類食べて・・・

頭の中は食べることで一杯になっていて、動作も思考も緩慢。

まず駅前にでた。
e0036151_10062425.jpg
女の都団地行きのバスが通過する。何もありませんよ、と釘を刺されている。
長与にも何もないという。
e0036151_10052231.jpg
駅で、現川には窯あとがすこしのこっているだけで、ほとんど見るべきものはありませんよ、といわれて、JRに乗ることを諦める。
e0036151_10054570.jpg
26聖人殉教の地が、すぐそこなので行って見る。殉教の旅の始まりの、京都の正面橋について、このぶろぐのどこかにあるのだが、ここは終点。
e0036151_10085740.jpg
裏側に、記念館があり、その濃さに驚きと、感動で立ち去りがたくなる。
e0036151_10093359.jpg
若し我に従わんと欲せば 己を捨てて 十字架をとりて 我に従うべし  というマルコの福音書の一節が記されている。

京都からここまで冬の寒い時に素足で歩かされてここに来て磔にされて、喜んで天国へ旅立っていった、という事実を改めて考えてみる。


飛行機で、1時間で来たッスよね・・・いやいや、そんな問題ではない。

空腹に、正気にもどる。
昼食をどうするか・・デザートはスペイン菓子やで調達するとして、やはり浦上の市場の弁当がたべてみたい。
弁当は市場の中のテーブルでたべて、空容器はここに持ってきてください、と総菜屋さんが教えてくれる。

夢をかなえて、また駅前にもどる。
もう、2時間ほどの滞在。

カトリック中町教会のむこうが立山の奉行所。
まずは中町教会に入った。
e0036151_10065928.jpg
丁寧に拝観して、ここの信徒さんたちが石を運び、善長谷教会のルルドを作り上げたことを知る。昭和33年のことなのだそうだ。
昨日目にしたあのルルドの崖は、作られたものだったのだ。

今日、ここへ来なかったら知る由もなかったことで、何かに導かれているような気がした。




帰宅して、頂いてきた中町教会の会報を読んでいると、神父様の交代で、歓送会が行われたことを知る。
赤飯、鉢盛、有志の女性の方々のつくられたふくれ饅頭が所狭しとならべられた、とある。

わたしも帰宅して、会報を読みながら、前山餅饅頭店の「ふくれまんじゅう」を電子レンジであたためてたべた。

e0036151_10222828.jpg




不思議なつながりの旅だったなあ、とおもう。

長崎の旅は、いつも前山餅饅頭店にはじまり、前山餅饅頭店でおわる。
前山餅饅頭店うらのオランダ坂は長崎聖三一教会まで続いていた。
善長谷は中町につながっていた。

番外のおどろきは、毎週利用する高槻市バスの役目を終えた車両が、島原鉄道バスとして、走っていたこと。

次は何が待っているだろう、と来年のカレンダーを見ている。







by coppoumon | 2019-06-11 10:10 | 行った | Comments(2)
Commented by m-maeyama at 2019-06-12 17:51
全て繋がっているのですね、不思議な縁、
現象に感動いたします。
このご縁に感謝いたします。
来年が待ち遠しいです。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by coppoumon at 2019-06-12 18:55
マエチャン、大変お世話になりました。
長崎の街を、見えない手で歩かされているような、
不思議さでしたね。

来年を楽しみにしています。






<< 三巡目 5月に弾いたもの       初夏の旅 三度目の長崎巡礼 そ... >>