人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 30日

徘徊

e0036151_18532850.jpg

国鉄が解体されて、新社名が付く時、国民鉄道だろうか,コクミン鉄道だと、コクミン薬局のようで対等な感じが面白いなあ、とおもっていたら、JR・・・だった。人民レールウェイか・・名づけのセンスの意外性に面食らってしまった。
酒田の駅は国鉄の記憶が少し匂う。駅の天上の高さや、空間の広さにそういうことを思うのかもしれない。
いや、橋上駅ではないからだ。自動改札機に変わってはいるが、ここに鋏を持った駅員さんがいたら、時代の分からない、国鉄時代の駅の場面が登場するのだ。
私はこの写真に九州の直方駅をおもいだす。
e0036151_18534957.jpg

人気の無い駅前通りに、居酒屋とらさん。
少し歩くと、城下町の高級武家屋敷の面影が残っていた。
石高で、造園の規模と約束事が決められていた江戸時代。
こうして他所を歩くと、格式ばかりが高くて実入りの少なかった郷里のささやかな藩の暮らしが
身につまされてくる。
e0036151_18541091.jpg


by coppoumon | 2006-08-30 20:17 | Comments(0)


<< 朝鮮文化のエコー      知らない街 >>