人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 29日

なぜ

e0036151_11354051.jpg

alise’e pate’e と呼ばれる十字架の形とこの高台は同じ文様だ。

狂言袴と呼ばれる筒茶碗のなかで、一つだけ、花十字の文様が書かれたものがあった。

それが必ずしもキリシタンと結びつくものかどうかは別として、禁制の時代または、それ以前に作られたものとして興味深い。
禁制の時代、藩主がキリシタンだったために、人は秘して言わず、問わず、何事も知らなかった。

高台の削り方については、分からないことが多い、と対馬の友人は言う。


関西で、たくさんの對州焼を見たり、触ったりすることができたが、分類の仕様が無いほど様々なものが焼かれていて、武家の茶道らしく、一見地味なようで、時に、華奢な高台もあり、古文書の日記に、茶碗稽古(文章の前後からすると、轆轤細工の練習らしい)などと出てくると、すぐに、そういった高台のことを思い出してしまう。

by coppoumon | 2007-05-29 11:55 | 郷里 | Comments(2)
Commented by おはな at 2007-05-29 21:45 x
うわぁ~~~~!!!!!
すごいことになっとるんじゃね!
この高台~想像以上の立派な十字架。

ぜひぜひ~美味しいお茶をこのお茶碗で~~♪
Commented by coppoumon at 2007-05-29 22:29
おはなちゃん、
こんなものが堂々と罷り通ったのはキリシタンご禁制の前じゃなかろうか。
となれば、1604年以前なんじゃろか。
それとも相当大胆にデザインしてそ知らぬ顔をしとったんじゃろか。
何にもわからんのんよ。


<< 6月のおまん      隠された十字架 >>