のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 28日

やり替え

e0036151_21293119.jpg

ひとところに住んで、30年になる。
ほとんどのものが我が家では30年経過しているのだ。

基本的に、楽器と、楽譜と、オーディオと、テーブルとベッドがあればよいと思っていた。
楽器で手狭になるから、ソファは置けない。それで大きなダイニングテーブルを買った。
2度、削れますよ、と言うことだったので、20年目に塗りに出そうと思いつつ、30年経ってしまった。
心得のない人がテーブルの上で食器を引っ張ってくれるので、傷だらけであるが、木目がなんとも経年変化で、宜しくなったので、毎日が楽しかったのだ。

そろそろ、塗りに出すべきか。出せばあと30年後にまた塗り替えだろうか。
この30年で私も幕を閉じるだろうに。

ピアノも1971年製の音大納付金より高かったヤツが、大修理もせずにそのまま使っている。
オーヴァー・ホールを考えたこともあったが、とことんこのままで行きましょうと、調律に来ていただくたびに言われて、そうなのかなあ、と思ったが、そうなのだ、これはこのままのほうが良いのだ、と、最近、思うようになった。

しかし、1986年には、もう一台買い足すことになってしまった。古いほうを酷使したくないからである。

冷蔵庫は2代目、洗濯機は3代目、エアコンは2代目。ベッドは3代目、掃除機3代目。
椅子の張替え4回目。

目下の悩みはテーブルの塗り替え。漆器の修理。
なぜ、悩むか。
それは自分の寿命が見えてきたからかもしれない。

では、早く出せば良いのに、とも思うが、今、それなりに良い状態なのである。
[PR]

by coppoumon | 2007-11-28 21:49 | 眺めのよいアパルトマン | Comments(5)
Commented by おはな at 2007-11-29 12:44 x
20年も付き合うたんじゃけえ、そのテーブルの傷も友達ようねぇ。

もう塗り替えんさんな、コップさん。

ええ感じにコップさんと同居しとる机じゃねえと思うけん。
Commented by coppoumon at 2007-11-29 18:25
おはなちゃん、30年じゃけんね。
ほうじゃねえ、やっぱりこのまま置いちょるほうが、ええようにもおもうんよねえ。
じゃけえ、考えがはかどらんのんよね。
Commented by おはな at 2007-11-29 21:17 x
前から数字には弱かったんじゃけど

ここんとこ、ひどう弱うなったんよね。
ほんまじゃあ、30年じゃね。

30年の立派な佇まいの机じゃあ思うけん。
このまま一緒に暮らしていってあげてえや(^-^)
Commented by susumuwk at 2007-12-05 14:11 x
こんにちは。

30年物のテーブル、さぞかし家にも人にも馴染んでることでしょう。
そのまま使い続けるにしても塗り替えるにしても、コップさんと同じ時をこれからも刻むのでしょうね。

ここしばらく九州を旅しておりました。
熊本に単身赴任している父の社宅で、私が幼いころから使っていた食卓に再会し、
懐かしさと小さい頃の記憶が思い出されました。
Commented by coppoumon at 2007-12-08 10:08
susumuwkさま
九州においでになったのですね。関東は遠くまで広くて平たい感じがありますが、私はすぐ傍の山や海をみて育ったので、西に行くほど安堵感があります。
そのくせ、関東平野を、懐かしいと思うのは、先祖のDNAなのかなあ、とおもいます。

九州、さぞかし、良い旅だったでしょうね。


<< 柚子のママレード      風邪 >>