人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 04日

虫の知らせ つついかやのさん

電車の中で風邪をもらってきたらしく、喉の痛さで夜中に何度か起きることがあった。
明け方に目を覚ますのはいやなものである。
特に4時半ごろ、すっかり目が覚めてしまって、頭も覚醒している時は、誰かのお別れなのだ。
何だかなあ、母でもないし、何だろう。
そんなことを漠然と考える。

なんと、ご近所の長崎のご出身の方が亡くなられた。

その方のお母様と、私のゴッドマザーが小学校の先生をしている時の同僚だったのだ。
そういう話は何度か聞かされていた。
ゴッドマザーが召されたあとで、その方と知己を得た。いつも同じバス停でお顔を拝見している方だったのだ。

以来、私が長崎へ帰省したり、何か送ってきた時にはお裾分けをし、夏に長崎へ行かれると文明堂のカステーラを送ってくださったりして、お国自慢を楽しんだ。
新雲丹や、かすまきの友だったのだ。

ここのところミサに出かける時間にお会いしないなあ、とは思っていたが、バスが一本前後しているのだろう、くらいにしか思っていなかった。

入院しておられたのだ。2月3日はお父様の生誕100年の記念日。
その、前日に天に召されるとは、不思議さを感じさせられる。

お父様とは、かの原爆の永井隆博士。亡くなられたのは筒井茅野さん。66歳。

魂の平安を祈ります。

by coppoumon | 2008-02-04 21:18 | Comments(0)


<< 酒粕で      大根責め >>