人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 27日

雲鶴

もうひとつ軸先の話。

朝鮮民画がある。

裏打ちだけしてくるくるっと、丸めたままで放置しておいたが、唐子の絵だ。
5人唐子で、じいやと、ばあやの7人が、竹馬や乳母車で遊んでいる図。
隣の国の正月風景なのだろうか、と思うが、向こうの正月は寒いのだそうで、服装とはあわないなあ、などと、考える。

しかし、いつかは軸に仕立ててやらねば、とおもって、軸先を絵に合わせて雲鶴(うんかく)で、製作してもらった。

作家の軸先とは、どういうものだろう、と楽しみで、見本を渡した。
型で焼くのかと思ったら、轆轤でひくのだそうで、手間ではあるらしい。
見本のものは職人が挽いたようで、自己主張のないすっきりとした仕上がり。

作家のものは、立派に主張がある。
そこのところが面白い。
あくの強い絵にはそれなりの軸先が似合いそうだ。
e0036151_20454073.jpg


軸先のコレクションも面白いだろうなあ、とおもった。
e0036151_20461068.jpg


by coppoumon | 2008-12-27 20:46 | 絵いろいろ | Comments(2)
Commented by おはな at 2008-12-30 12:25 x
ほんまにええ感じじゃねえ。

なんか三島手のような感じじゃねえ。

雲鶴もええし、壽のもこれまたええ感じじゃねえ。

Commented by coppoumon at 2008-12-31 23:22
おはなちゃん、そのうち年賀状の図案に困ったら、この、福の軸先を使おうかおもうちょるんよ。
そうすりゃ、楽じゃ~。


<< 2008年の歳末を歩く      軸先 >>