人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 31日

年の瀬 2008

今年の年末は、オーガニストの一人が急きょ引退されたため、その穴埋めをもやることになった。
新しくオルガンを学ぶ人がいて、その手ほどきのためもあり、多いときは週に4回、教会に行く。
そうして、皆でオルガンを触っている時間が増えて、オルガンも抜けが良くなってきた笛がはっきりとわかるようになった。

12月は、7日、21日、24日、28日、元旦、と、オルガン演奏に当たり、多い時で40曲ほどをさらう日が続いた。

24日はフルートの方との合わせ。
曲をいくつか決めたのが2週間前、その日に最終決定。
これはすぐに合って、時間まで予定外のモーツアルトや、宮城道雄の春の海などを合わせて遊んでいた。

来年は4月12日がイースター。何を弾くのか、教会歴と新しいカレンダーを見比べつつ正月休みの間に楽譜を出しなくてはいけない。

オルガンに時間がとられるようになると、どうしてもピアノの時間を奪われる。
来年は、こなす曲のノルマをはっきり決めて、ピアノの勉強にかからないと押せ押せになってしまいそうだ。

by coppoumon | 2008-12-31 13:05 | 作った | Comments(0)


<< 毎年の御節      2008年の歳末を歩く >>