人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 03日

頂いたお菓子

e0036151_2243994.jpg


母の小箪笥の上に、菓子箱のようなものが載っていた。
夕食を終えて、そうそう、と言いながらその箱を渡してくれた。

とても美味しいからと、頂いたのだそうだ。
和菓子だという。

紙箱をあけると、とろろ昆布の良い香りが立つ。和菓子なのか?と再び問うが、そうらしい、と母の返事。

箸で取り出してみると、バッテラをたっぷりのとろろ昆布で巻いたような大きさのものが出てきて、口に運ぶと、白餡のこしあんを使って、鶯豆を丸のまま3,4粒入っているのが、おいしさを引き立てている。


おいしいけど、毎日2個ずつたべて、5日でおしまい。

こんなこと言うてはったわ。と母は笑う。

過去に昆布類の甘いものを食べたのは、利尻昆布の砂糖漬け、わかめ羊羹である。
今日の和菓子は、「磯もち」という。

防腐剤代わりに入っているヒノキの葉っぱが磯もちの品格を演出している。

いつか中宮の店を訪ねて他の菓子も見てみたいと思った。

by coppoumon | 2009-04-03 22:59 | 美味しかった | Comments(2)
Commented by apercevoir at 2009-04-07 12:49
磯もち言うんじゃねえ、これ。
見た目もなんか、「うちゃあ、普通じゃないけんね。」ようなこと言うとるようなねえ。

うんにゃ、普通じゃあないのはようわかるけん。

ほいでも食べてみんと、、、ほんまのところ。。。わからんねぇ。。。

今度、姉のとこに行ったら連れてってもらおうかいね。
Commented by coppoumon at 2009-04-07 21:05
おはなちゃん、
これまた、おいしいんよね。どないに、こないとろろ昆布を乗せちょるんじゃろ、思うて不思議な気がしたけんど、たべてみたら、やっぱり、おいしいんよ。
さて、近いうちに、ここの店にいってみんといけんねえ。


<< 椿      石清水八幡宮 >>