人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 18日 ( 1 )


2008年 01月 18日

何か、変。

店の看板を見るのを好きである。
その店が、どういうお店であろうとそれは二の次で、看板を見てインパクトが強いほど好きだ。
ぎょっとするのが、ドラッグ・ストア。

何、売ってますねん。
ドラッグの店。
ドラッグって、売ったらあきまへんやん。犯罪でっせ。
そんな、大々的に看板を上げたら警察が、逆に全く気づかないか。


京都東大路にGoutezという店があり、食べ物屋だとは分るが、ケーキの店だろうと近づくと、フランス料理の店だった。美味しさを、味わってください、という意味で選んだであろうが、グーテはフランス人が子どもに与えるおやつのこと。
小説でもたまに子供達はめいめいにグーテを貰って・・・などと出てくる。


海の幸の美味しいある地方都市に出かけた人から、良いフランス料理の店に入った、と教えてもらった。
オーナーは有名ホテルや、レストランで修行したという方だと。


写真にはレストランであろう建物に、なにやら横文字が書いてあった。

Au milien de la vie

あらら、そぎゃんですか。
な~して、そげな名前にしたとか真意のよくわからんですたい。



milienは中央、真ん中、中間、という意味。 

レストラン「真ん中、人生」、多分、人生真っ只中、という意気軒昂な解釈で宜しいのだろうか。

la vie au milien・・・と並び替えてみても一緒だ。

milien は、もっとも目に付くところ、つまり、真ん中。

俗語では、警察が一番目をつけていなくてはならない場所のことで、これはどろぼう、とか犯罪者を意味する。

どう転んでもレストランのようで看板は「泥棒稼業」だ。

それでもいいから行ってみたいな。

レストラン「泥棒だけが人生さ」。

いかにも人生を達観していらっしゃる。
ぼったくられるのだろうか。

物盗りは多いが、盗られるものの中で、生きていこうとするエネルギーを奪われるのは一番イヤだなあ。

by coppoumon | 2008-01-18 21:21 | Comments(0)