人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 29日 ( 1 )


2009年 04月 29日

季節のごあいさつを郷里へ

幼稚園から小学生の頃。
小学生から中学生の頃。
高校生の頃。

郷里でそれぞれにお世話になった方々がご健在で、いつも何かと郷里のものをお送りいただき、こちらも少し季節のものをお送りしてご挨拶をする。

まず電話で、様子をうかがうと、「病気に追われて、半ば寝たきりの日々もあり、寝たきりは退屈でございます」などと、申され、それでも、ご夫妻で、相応にお元気そうだった。

今回は、水を入れて炊飯器で炊くだけの赤飯、奈良漬、鶴屋八幡の練羊羹、俵屋吉冨の和菓子一通り、びわこの川魚、いかなご、すぐき、高知のケチャップ。母の家の近所の、レーズンがぎょっとするくらい入ったパン。伊勢茶。

奈良漬は、今回は阪急デパートの贅沢漬。俵屋吉冨の和菓子は、添加物が一切入っていないので、好きだ。
伊勢茶は、畑中製茶。ご家族だけで栽培されていて、美味しく、常用して飽きが来ない。そこに、この畑中さんのお茶は伊勢茶で一等賞を取られた。
と、いわくのついたものばかり。

どうしても、食が細くなるので、本当においしいものが、ちょっとだけ口に出来たら幸せ、と母は言う。
母は、その、ちょっとだけを一日4,5回つまみ食いをやって、食の細いのをカヴァーしているのだそうだ。

e0036151_76324.jpg


あとで、入れ忘れたお干菓子があったのに気づいた。
ま、いい。

by coppoumon | 2009-04-29 22:53 | 郷里 | Comments(2)