人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2012年 05月 11日 ( 1 )


2012年 05月 11日

水曜日のメニュ

二度、ここにアップするのが抜けたのだが、2週前は牛肉の照り焼きだった、先週は豚のしゃぶしゃぶ肉を使ったサラダがメイン。

健啖君は、相変わらずの食欲である。

私が自分の事で、万事押せ押せになっているときに限り、健啖君は時間を持て余している。
私が練習をしたいなあ、というときには、先にピアノを占領されて、ド下手なピアノをイヤというほど聞かされ、「聞きすぎて自律神経が変になるよ」と文句を言うが、延々と弾いている。


今夜のメニュは、メインが鯛。

頭は、蚕豆の塩ゆで。

鯛と長岡京のたけのこを一緒に焚いたん。

春野菜の温サラダ。

新玉ねぎと浅利のスープ。

今日は肌寒く、気温19度。

e0036151_22423541.jpg


皮も食べられそうだけど・・と健啖君は言う。

・・・・・うん、尼寺では、蚕豆の皮を白味噌を和え衣にして、「空蝉」という名で食べるよ。

ふうん。おいしそう。

・・・・・しかし、見てくれは、セミの抜け殻みたいなもんやね。



さてと、鯛。

モーツアルトを聴かせると、旨味が増す、という日本酒があるが、彼のピアノを聴かせると、鯛はどうなるのだろう。

腐っても鯛・・か。

e0036151_22402381.jpg


木の芽が畑にあるので取り放題。

鯛は水1カップ、醤油、酒、みりん合わせて1カップを煮立たせたなかで焚いた。
途中でたけのこを入れる。

たけのこは湯掻いて、もう一度、酒と水を半々にした中で、1時間下煮しておいた。

あとは、ブロッコリー、アスパラガス、生協のソーセージ、舞茸を下処理して軽く炒めた。

スープは、ソーセージを湯掻いてでた煮汁に新玉ねぎと浅利を入れて塩コショウした。


引っ越して、買い物が不便なので、冷蔵庫にあるものでメニュを決める。
今のところ、それで、やっていけそうだ。

健啖君はまず、鯛の目玉の周りのゼラチン質から箸を付け、ぽっかり空いた鯛の眼窩に大豆のような目玉をもどして「可愛い・・」と言い、頭の中に箸を入れて空っぽになるまで身をせせり出している。
木の芽を載せて味わう楽しみを覚えたようで、少しずつ大人びてきた。
本人は半分大人だと、いう。

半分大人だというのなら、と、越後ビールのピルスナーひと缶を半分ずつにした。
これは、フルーティーで美味い。

by coppoumon | 2012-05-11 22:53 | 常の日の惣菜 | Comments(0)