人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 20日 ( 2 )


2012年 08月 20日

伊織

京都で出演する埼玉の友人のために楽屋見舞いを求めに出た。
生ものは邪魔だし、棹ものは重量がありすぎる。

平野天神の近くに、本葛と檸檬をすりおろした葛湯の素を家族だけで作るお店があった・・・そういえば栗のお菓子もあったはず・・・

京都を北上していると・・・喜久屋さんは、あった。


栗のお菓子は9月8日に丹波から栗が入ってまいりますので、それ以降です。
栗もこの天候で、約束の日が実際には決まりませんで・・
レモン葛のお菓子、いかがです・・と案の定、葛のお菓子を勧められた。

素直に従う。43年間値上げしていないのだそうだ。

はい、主人が、上げたらあかん、上げたらあかん、といいますの。

そうだろうなあ、確かに高価なお菓子だったはず。
本当の葛粉だけを使っている。


楽屋見舞いのあとは、お気楽。

近くの笹屋吉清で、黒糖水無月と、水まんじゅうを買った。
しまった。
上菓子を買うべきだった。

e0036151_12241642.jpg


京都の北山の近くには、笹屋が多い。わら天神のところにも笹屋某があって、そこは堂本印象の包装紙だった。包装紙のイメージが強すぎて、店の名を覚えることが出来なかった。
そこも笹屋伊織と同じ笹の紋なので、暖簾分けをしてもらって御所の北側で店を開いているのだろうとおもう。

暖簾分けをしてもらうと、元のお店より御所に遠いところで商いをするのだ・・と聞いたことがある。

そうして、南に降りていくうちに運転手はナビと争い始め、吉祥院のところまできて久世橋を渡るであろうことになった。

おや・・笹屋伊織ではないか。

待て!!

車を降りて笹屋伊織の店頭に立つ。

京都大丸の笹屋伊織の茶寮で、本店にも是非・・と言われたことがあった。ついに来たのだ。

サロンの笹谷伊織の和菓子は美味しい。
惜しいことに茶寮のお薄は、香りは良いが私には薄い。

なにいうてはりますの、ほんまもんの宇治のお抹茶どすえ。

こういう風に言われるだろうなあ・・と勝手に思い込む。

本店もそうなんだろうか。

e0036151_12101343.jpg


残念ながら、定休日でした。


樟葉にあった駿河屋の店舗、茶寮、工場、従業員寮が合体した佇まいがよく似ていて、なんとなく懐かしい。

笹屋の紋は面白い。

笹の字をよく見ると、鶴の絵になっていて、江戸時代の遊び心を見ることができる。

by coppoumon | 2012-08-20 12:12 | 和菓子 | Comments(0)
2012年 08月 20日

京都コンサートホール

子供にもわかるパイプオルガンのレクチャーコンサートが、子供たちの夏休みを利用して開催された。
京都は確か、2度目。
その前、横浜で行われたレクチャーコンサートが素晴らしかったということで、京都でも是非、ということになったのではなかったかとおもう。

コンサートの中心となるオルガニストに2年続けて関東の友人が招かれて、去年は行くことができなかったので今年は会いに出かけた。

e0036151_11383886.jpg


携帯レンズを向けてシャッターを押した瞬間、子供が前を遮ったのでオルガニストは写っていない。
画面中央したの少年がそう。

希望者、ひとりひとりに試弾させて、おつかれさまでした。

by coppoumon | 2012-08-20 11:41 | 和菓子 | Comments(0)