人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 29日 ( 1 )


2012年 10月 29日

杵福があった頃

学校を出て間もなく、祖父が創設に関係した駅前の市場の手前に、和菓子の店が出来た。
間口も2間ほどの店に、焼き菓子のほか、お茶事に使うような和菓子が5種類ほどならんで、きんとん、こなし、雪平・・などと私が好きなものを箱に詰めてもらった。

支払いを済ませて、ぽってりと大きなお兄ちゃんは、私を見て、同業者の方?とにっこり聞いた。

あ、違いますよ。食べるだけの能しかない客です。と答えて、以後は、母の方が赤飯を気に入ったようで、よく通い、ついには懇意にしていたらしい。

大きな病もしたし、嫁も闘病中だし、後を継ぐとは誰も言い出さないので、そろそろかなあ・・と、数年前から、もとお兄ちゃんは、人の良さそうな顔で笑っていたが、先日、突然・・でもなかったのかもしれないが、店の看板が外されてしまった。

開業して35年目のことだ。



もうひとつ。

隣の駅も各駅停車である。

古くからある大学キャンパスの門のまえは古い村。
まっすぐに見通せる通りには、3軒の饅頭屋がある。

どのお店も需要があって、存続して欲しいなあ、と願う。


e0036151_21595197.jpg


松茸ちゃいまんね。
そっくりでっしゃろ。

あまりにそっくりなので、大皿に入れただけです。

e0036151_2214732.jpg


こうすれば、お菓子、と分かっていただけるかもです。

菓子は招堤・松月の「松茸」

器は三代目森岡嘉祥・古伊万里写し

by coppoumon | 2012-10-29 22:02 | 和菓子 | Comments(0)