人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 24日 ( 2 )


2018年 01月 24日

にんじん

寒い日。
頭を空にして、ストーヴのまえに居て、何も考えない。
10時と3時のおやつだけが決まっている。

そんなことは、毎日でも良い。

e0036151_09115701.jpg
刺激がなさすぎるのもどうかと、テーブルクロスには賢い狐と、狼。
カップケーキの下で、赤鬼が泣いているかも知れない。

風邪引きの予防になるのか、ならないのか、人参が9本も家の中に転がっている。

クミンを振ったグラッセもおいしいが、ポタージュにする。

e0036151_19511177.jpg
キャベツの芯を刻む。人参も刻む。

玉ねぎをスライスしてバタで炒めキャベツの芯、人参も炒め蒸し煮にして水を差して柔らかくなるまで炊き、ミキサーにかけて裏ごしをする。

それをブイヨンで伸ばして、牛乳を少しくわえる。

生食用の牡蛎が到来。真水で振り洗いして、大根おろしをのせ、柚子をあられに切ってのせる。
春菊の胡麻和え。
烏賊大根。
日高昆布の山椒煮

冬の日の夕食。





by coppoumon | 2018-01-24 20:09 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2018年 01月 24日

寺田町かいわい

高校を出て関西に住むことになった。

何かとかわいがってもらった老婦人が、大阪に行ったら、まず寺田町に行って、懐かしい神父様にお会いして来てほしい。
私がくれぐれもよろしくと、お伝えして欲しい。

言われるまま、着いてすぐの日曜日、ミサに出てその神父に会った。

それがどうした・・と言った体で,それほど歓迎されたとは思えなかったが、ポーカーフェイスで、やり過ごした。
2ヵ月後、大阪女学院のヘールチャペルで邂逅したが、そのときも言葉少なに会話を切り上げた。

後日、ゴッドマザーに件の印象を告げると、「うべなるかな」と余り良くない話が続いた・・・50年も前のこういった記憶は早く消すもんだ。

道の向こう側に、ギャデ・・と書いてある店を発見。
冬の夕暮れは早い。
ホットワインでも飲ませてくれるかもしれない。

e0036151_09104581.jpg
急ぎ足で近寄ると、そこはリサイクルの店だった。

商店街なのだが、だからどうした・・という店ばかり。

e0036151_09111846.jpg
駅前にうどん屋があった。
うどんそば220円。カレーライス420円。安さに感激。

ラーメン屋と、うどん屋が意外に多い。

店の名づけは凝っているのだが、どんな麺類をたべさせてくれるのか二の足を踏む。

ガードを超えてもラーメン屋。うどん屋。
e0036151_09113617.jpg
赤い十字架の看板があった。
逆さ十字までも・・・。


凄い名づけだ。
極楽は、仏教語。
どんぶりに蓮の花でも咲いているのだろうか。七味代わりに金粉でも振りかけるのであろうか。

よりによって、「あーめん」とは。

また、払拭したはずの例の神父を思い出していた。




by coppoumon | 2018-01-24 19:38 | 大阪 | Comments(0)