人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 26日 ( 2 )


2018年 10月 26日

山陰・鳥取市を歩く その三

天気に恵まれて、大名庭園を歩く。

e0036151_23221679.jpg
滝組。ツワブキが美しい。
e0036151_23225601.jpg
庭園の南角に、ちいさな屋敷があり、池田の殿様のゆかりの建物だと知る。
たくさんの履物が並んでいたのが、まったく見当たらないので、入って、茶道体験。

昨日、合流した友人と待合に入ると、白湯に食用菊を一片浮かべたものが出された。その、まろやかなこと。

小さなおかけじが掛かっており、鳥が描かれている。

「あの鳥はなんというのでしょうねえ」と友人が聞く。
・・・さて、頭の黒い鳥なら知っているけど、頭の白い鳥は知らないよ」と私。
茶席に入って、あれは、母鳥でございます・・とお話があった。

お手前はお裏さんだった。明朗なお嬢さんが、あ、違った・・などとやり直しをされたり、いかにも楽しそう。

トラノオ、ホトトギス、テリハなどが活けてあるまんなかに、真っ赤な撫子が一輪、自己主張をしている。

後見のお茶の先生が入ってこられて、名残でございますから、撫子を・・・釜も少しお客様のほうによせて、水差しは小さなもの・・ええ高取でございます。

お菓子は「初紅葉」。
お作りになるほうも色々と工夫を凝らしてくださいまして・・と、名残惜しい時間を過ごした。

さて、それから先ほどお手前をしてくださったお嬢さんと別室で、はい、袱紗を、このように持ちまして、はい、鼻をつまむような感じです。はい、ぎゅっと握って・・と袱紗を裁き、御棗を清めて、茶杓を清めて、つの字に掬い、茶せんを振る。

この間の会話がとても面白く、無駄の無い動きに感心してしまった。

さてと、床のおかけじであるが、大徳寺の話をしているうちに、何と書かれていたか、失念してしまった。

まあいいかあ。それも名残。

あれ? 主茶碗も忘れているよ。なんだったっけ??
次客の友人のは志野茶碗で、三島。これもよかった。

大丈夫かなあ、私。覚えられなくなってるよ。



by coppoumon | 2018-10-26 23:53 | Comments(0)
2018年 10月 26日

山陰・鳥取を歩く その二

鳥取城のふもとに、明治時代の建築物で、仁風閣という建物拝観が今回の旅の目的でもあった。
江戸時代の宝隆院庭園とよく、マッチしている、という触れ込みであった。どうも裏口から入ったようで、茶室があり、お茶会が開催されていたようだ。お手前体験つき、500円と表示されていて、大変な賑わいであった。

こらあかん、長時間待つより、建物見学に行こう・・とパス。
玄関車寄せから正門を見る。りっぱな松が3本。
e0036151_23344018.jpg
内部は陳列物以外は写真可。
e0036151_23353176.jpg
まず、トイレ。
e0036151_23361207.jpg
どうやら、後年の復元のようで、ラワン材で出来ていた。
私たちの前の。見学客が、「はあ、砂入れて使うんやな」と感心している。

砂を入れるは、ネコと犬のトイレやんか・・と可笑しい。天皇がお泊りになって、砂入りオマルにお座りになるだろうか。

実際には切ったばかりの杉の小枝を敷き詰めておいて、匂いを消す、と武家の家のトイレはそうだった。
トイレには必ず杉が何本も植え込んであった。

それとも、白川の真砂の函こそ、品よけれ~などと、お詠いになられるのだろうか。

寝室。ドア一枚でこのトイレにつながっている。
e0036151_23365495.jpg
居室。御座所・・とあった。
e0036151_23375020.jpg
e0036151_23382610.jpg
壁紙は部屋ごとに違ったものになっていて、カーテンもそれぞれ復元したのか、へやによっては従来のものが掛かっているのか、大変凝っている。

螺旋階段。
食事は別棟で拵え、この螺旋階段から運ばれた、と説明あり。

e0036151_23390169.jpg
学生に声を掛けられた。
12時半から、ここでジャズのセッションがあるので、よければお聴きください。
・・ああ、これから帰るところなんですよ。私20歳の頃、コンボを組んでいました。演奏実技の点はよかったのですが、ほかのものは、うんと我慢して、外での演奏ばかりでした。熱心すぎて単位落としたり、しないでくださいよ。

こういうと、二人の学生はじっと私を見つめている。

あの・・11月3,4日にもジャズ・フェスティバルをやります。
・・ああ、ジャズ・ストリートのようなことをやるのですね。聴きたいけれど、大阪なので、ざんねん。

後ろ髪を惹かれる思いで、その場を離れた。
1曲だけでも聴いておけばよかったなあ。
電子ピアノと弦バスだけのセッションのようだ。

京都で18歳の小林桂が、弦バスとピアノだけで、狭い会場でコンサートをやったのを目の前で聴いたときの、感動を思い出した。
若い人には、若い人で無ければできない音楽があるのだ。名残惜しいなあ。

帰宅したいまでも、その思いを引きずっている。











by coppoumon | 2018-10-26 00:02 | Comments(0)