人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2019年 03月 31日 ( 1 )


2019年 03月 31日

三巡目 3月に弾いたもの 

今月も、殆ど、家のピアノでじっくりさらう、ということはなかった。
ひとつ要因は、グロトリアンが使えないことだが、ヤマハとグロトリアンとを交互にさらってきたことの日課としての執着から離れられないことなのだろうと思う。

グロトリアンはあっという間に80セント(100セントが半音)下がってしまい、(以前、放置した結果、4年間で15セント下がったことはあった)今回はアクションが、二度打ちをしたり、アフタータッチが不明確になったりしていることには、まだ調律師が手をつけていないままである。 80セントの音上げを5時間かけて行った後で、アクションの調整は次回ということになったままなのだ。

調律師も高齢で、前パネルと鍵盤蓋が一体になったパネルの外し入れを見ていると、目を覆いたくなる。
修理に出すと新しい調律師がそのあとの面倒を見るので、43年のお付き合いだった調律師さんとはお別れである。
ま、それはよい。
私はいつまでも弾いていたい、弾き続けたい、という鍵盤の感触と音色が欲しいのだ。

よい季節になったので、入院させるかもしれない先に、出かけて話し合いをしなくてはならない。
出向くにしても1日がかりなので、日が定まらない。
それが神奈川までとなると、家周りの改修予定と重なりはしないかとか、ますます日程に不自由をする。

週に一度非常勤で出かける教室のピアノは心地よく弾けるので、この日に集中してさらう。こちらはヤマハのU3Hで、40年以上私が使っているが、一度消耗した部品を88個交換してもらったきりで、よい音で鳴ってくれるから、せめてこの日だけは
心いくまで弾いている。
よい音・・ではないかもしれない。ただ、自分の思う音が出せるのだ。もとは、どこを見てもこれっぽっちしかないという普通のヤマハだった。

e0036151_09293962.jpg
ジャン・ビセ 緑色の猿
同じく、   灰色のネコ

ドビュッシー ピアノのために より プレリュード
ラヴェル 左手のためのコンチェルト

ショパン ワルツ GES Dur


ビゼ は、有名なジョルジュ・ビゼーではない。この人の経歴はまったく分らない。
1975年ごろ、珍しくフランス現代音楽の楽譜が、どっと入ってきたときに買っておいたものだ。
e0036151_09295225.jpg
ショパンのワルツをさらってみた。その場で弾けるからと、ながいこと弾いていないと、新しい発見がある。

ワルツの楽譜は中学から高校に入った頃の音楽の友社版。







by coppoumon | 2019-03-31 09:46 | 音楽の勉強 | Comments(0)