人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2019年 09月 06日 ( 1 )


2019年 09月 06日

2019 9H 淡路産の無花果のジャム

羽曳野はイチジクの産地、兵庫だと淡路島、京都近郊なら城陽市。

今回は淡路島の無花果3キロ。

無花果を煮つめるだけ煮詰めて、ペクチンを出して、ポマードのような仕上がりにしたい。
何時もそう思うのだが、3キロの無花果から、600グラムほどしか取れそうにないので、つねに挫折する。

今回は3キロの無花果に対して精白糖600グラム。ちょっと無謀かな。砂糖が足りない。
足りなければ甘みが出るまで煮詰めればよいのだし、たくさんのりょうを必要とするわけでもないし、と居直る。

煮詰める作業は暑い。暑さで根気が途切れがちで、切れるとストップ、一晩二晩と連続して4日煮た。

3キロの無花果。
600グラムの砂糖。
ブランディー。
シナモンスティック1本。
蓮華の蜂蜜。

丁度良い甘さのひとつ手前まで来て、時間的に、止めたくなったので、蓮華の蜂蜜を、お玉1杯加えた。

さめて冷蔵庫に入れるまで味のほどは分らない。
とはいえ、毎日試食していたから、悪いはずはない、とおもう。
e0036151_09200955.jpg
実際、翌朝試食すると、のほほんとした味であった。
もう一度、無花果で作れるかな・・しかし、無花果潰すより、赤なり、白なりワイン煮にして食べたい。
食べたいが、コンポートはおいしすぎて、飽きる、という欠点がある。
20個も作るからだ。
5、6個にしておけば良いものを、と反省。

これからだと、洋ナシ、紅玉、ベリーAでジャムをつくる楽しみがある。

コップレストランの古いお客様たちも、亡くなられて、コップレストランの店主も、やや、高齢化し、年金定食摂取の身。
ずっと、開店休業中だったが、いずれ閉店です。


by coppoumon | 2019-09-06 23:52 | ジャム | Comments(4)