人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2019年 09月 09日 ( 1 )


2019年 09月 09日

あばたもえくぼに、なれるか?

鍵盤はピアノの顔だと思う。
子供の頃は白黒と行儀よく並んでいるのを見て、これが羊羹だったら、という妄想から離れなかった。

鍵盤を見るのを好きである。
黒鍵の微妙な幅。鼻先の角度。面取りされた部分。
白鍵の一番手前の面のとり方、指へのさわり・・・カメラのシャッターの音がそうであるように話し始めると、なかなかに深い。

うちのグランドは3代目。特注で、象牙が貼ってある。芯材のよいところと、調律師は言う。
黒鍵は黒檀。という約束だった。
黒檀ですか?・・・いや、黒檀の種類なんでしょうが、塗装をしてありますね・・と調律師は言う。

仕様変更か・・

e0036151_12502194.jpg
e0036151_12505166.jpg

蓋に隠れて見えない部分は、象牙の長さがマチマチ。
黒鍵の奥は、黒のラッカーがはみ出して、夏休みの工作のようで、可笑しい。
高額な代価がこれであるから、よい宣伝になる・・かな。

楽器はどの部分をとっても、美しくなくてはいけません・・としきりに広告をしていた製造会社の特注品。

出来上がる頃、一本の電話があった。

どのように致しましょう、フランス風の音がお好みか、それともドイツ風の音色を希望されるか・・・

ああ、びっくり・・そんなんできまんのんかいな・・と内心驚いて咄嗟にでたのが、「ドイツのピアノならあります。
フランスのピアノも、生徒さんのお宅にはプレイエルがあるので、自由に弾かせてもらえるのです。
それで、もっとも、御社のピアノらしいこれこそ御社のピアノの音、といえるような音作りにしてください」

分りました。

届いたら、なんの変哲もない電子ピアノの音がして、また驚いた。

弾き込んで、ちょっと、ピアノらしい音になるのに、何年かかっただろう。いまだに余り好きになれない。
サウンドボードの真ん中に潜むこの魔物のことも好きになれない。こいつが歌うのか?
あわよくば追い出してやりたい。

e0036151_11282756.jpg

下の画像は、もう一台のピアノの鍵盤。材料も、こちらのほうがよさそうだ。

e0036151_12521938.jpg








by coppoumon | 2019-09-09 13:22 | Comments(0)