のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 19日

八瀬に柴漬けを買いに

八瀬に出かけた。
御蔭神社界隈を歩く。

瑠璃光院は今日も特別拝観中。25人の外人観光客が入っていった。高額な拝観料なので、同行した元女子大生が、すかさず「5万・・」と声をだす。

入場を制限するためだという金額はそれでも良いけれど、せめてお薄くらい出して欲しい・・・と、横目でながめて通過する。
e0036151_21492994.jpg
御蔭神社は来月12日が本祭り。
そこから葵祭りが始まる。

e0036151_21504724.jpg
またもやニホンタンポポを発見。

気をよくして、柴漬屋さんまでもどる。

店先で休憩していると、新車両が入ってきた。

e0036151_21424363.jpg
折角なので、これに乗って、出町柳までもどることにした。

出町でも、ニホンタンポポのコロニーを見た。得した気分。

楽しい郊外旅行だった。

[PR]

# by coppoumon | 2018-04-19 21:55 | 京都 | Comments(0)
2018年 04月 16日

男山のたんぽぽ

35年住んだ男山は、宅地開発で、人の手がはいらないところが無かった、といってよいほど開けてしまっていた。
公園は、植樹で整えられ、出口の無い竹やぶであったなどとは想像もできなかった。

今も、週に一度、職場に通う。

e0036151_22312808.jpg
団地の中で、小さなタンポポを見た。

ニホンタンポポだ。

e0036151_22315140.jpg
殆どがニホンタンポポである。

e0036151_22320918.jpg
ニホンタンポポしかない・・といってよいほど、群れて咲いているところがあった。

来週は種が採取できるかもしれない。

e0036151_22325103.jpg
この界隈の山持ちが、タケノコを売っている。
シロコとよばれる、極上品。

隠岐の島の干し若布を戻して二番だしで炊く。

鰈を濃い目に炊いて、タケノコを添えたのも好きだ。

良い魚が望めない時は、上等の牛肉の薄切りと炊いた。

男山は、タケノコとタンポポ。と、改めてインプットしておこう。


[PR]

# by coppoumon | 2018-04-16 22:49 | Comments(0)
2018年 04月 16日

古楽山 

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by coppoumon | 2018-04-16 09:34
2018年 04月 13日

湯たんぽとたんぽぽ

夏日があったり、寒の戻りがあったり、あっけなく春がすぎていこうとしている。

この冬は、本当に寒かった。辛い日が続くのかと思ったが、小さな湯たんぽをベッドに入れて、安眠を楽しんだ。
電気のベッドウオーマーや、電気あんかは性に合わないようだ。

母が孫二人と楽々と入浴できた、小さな家にはふさわしくない天井の高いお風呂。
これでは露天風呂ではないか・・と冬の入浴を嫌いだったが、浴槽の蓋を取って、浴室を湯気で中が見えないくらいにしておく楽しみを見つけた。

なぜこんなことに気づかなかったのか。寒の戻りが来ると、再び、冬日を楽しむ。

天気が良いので、散歩に出た。
シロバナタンポポのあるところまで歩く。

到着すると、見事に、花は終わっていた。綿毛さえも、すっかり無くなって、黄色いタンポポをひっくり返してあそんだ。
黄色いタンポポは、セイヨウタンポポと、ニホンタンポポが混在している。

e0036151_20290612.jpg
発見!

e0036151_20292411.jpg
数日したらまた出かけて、開花を確かめよう。
種子も採取しよう。

最低気温が10度を割るようだ。

まだ、湯たんぽのお世話になっている。



[PR]

# by coppoumon | 2018-04-13 20:42 | Comments(0)
2018年 04月 06日

庭仕事

3月は寒すぎる日、夏日、とにぎやかだった。

昨年、お礼肥え、この冬、寒肥をやっておいた椿は、これまでに無くにぎやかに咲いてくれたが、菌核菌が、一向に退治できないので、アクアリフトという土壌改良剤にトライしてみた。

結果はまだ分らない。ピンボケ写真を削除したはずがなかなか、どうして。しぶとい。

e0036151_12352678.jpg
このところ落ち椿を楽しんでいる。

e0036151_13330607.jpg
吹雪白玉もちょっと病気気味で、玉之浦はどうなるのだろうかと、心配である。

利休梅が咲いた。去年、コメリで買ったものだ。
コメリが無くなり、コメリなきあと後難を恐れないで、コーナンがやってくる。

栄えて欲しい。

今日は雨。
雨上がりに、ラディッシュとビーツの種を蒔きたい。

[PR]

# by coppoumon | 2018-04-06 14:10 | 住まう | Comments(0)
2018年 04月 04日

土佐文旦のママレード 2018.4A

今年初めてのママレード作業をした。

農家から、名前など分らない柑橘を2種類頂いた。
それだけではどうにもできないので、文旦を3個買った。

柑橘1,2キロ
上白糖300グラム
ブランデー、少々

ブランデーを少なめにしたのは、文旦の風味を生かしたいからである。
文旦はあくが出ないので、作業がしやすい。

農家の柑橘は皮を刻んだ後、2度、湯でこぼしておいた。
それをあとから文旦を煮るときに加えた。

e0036151_13331826.jpg

大変おいしい。



[PR]

# by coppoumon | 2018-04-04 22:01 | ジャム | Comments(0)
2018年 04月 03日

二巡目・3月に弾いたもの

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by coppoumon | 2018-04-03 12:47 | 音楽の勉強
2018年 03月 28日

椿

椿がいま、一番にぎやかな時のようだ。

乙女が2本、衣通姫が2本、太神楽、帥人、吹雪白玉、と花盛り。

この後、玉之浦と、昔からある白い椿が咲く。
そのあと、お礼の油粕をやって、チャドクガを見張って、イラガを見張って、梅雨に入る。

今年はラディッシュを蒔こう、ビーツも蒔こう、と思案していると、急に夏日になってしまった。

4月中に、裏庭をもうちょっと草取りをして、不要な雑草をやっつけておきたい。

e0036151_22102326.jpg
ふぶき白玉もよいが、
ゆで卵から、イースターエッグを連想させる帥人を好きである。
植えた翌年、法務局の係りの人に踏まれて、どうなるのかと思っていたら、なんとか元気で花をつけている。
一昨年、放置しておいたら、去年は花をつけなかった。

えらいすんませんでおます。と可愛がるようになって、今年は7つも花をつけた。


[PR]

# by coppoumon | 2018-03-28 22:13 | 住まう | Comments(0)
2018年 03月 23日

片付ける

片付け。
私の範疇にない・・いや、ある。
遠いところだけれど。

ピアノの楽譜は何がどこにあるか、掌握できているが、オルガンの楽譜は、何を持っているのか、棚の中のどこにあるのか凡そしか、わからない。

ディスクになると、未開封のものがまだある。
やることが多すぎる。

元作業場は、物置である。
この間から防水セメントを塗っているので、少しだけ物を部屋に入れている。
なんだかなあ。
骨とう屋さんみたいだ。

白い布に包んでおけば、薄気味悪いかも。

e0036151_22520612.jpg
お彼岸の頃、順番に、水をくぐらせてやろうと思いつつ、左手をかばっていたので、億劫だった。

対馬とは関係のない古いものは、どこか収まるべきところに収まってほしいなあ、とおもいつつも、
対馬のコピーとしか思えないので、居座っている。






[PR]

# by coppoumon | 2018-03-23 23:20 | 住まう | Comments(2)
2018年 03月 21日

春分の日は嵐

月末は、ぐっと冷え込むそうだ。
先年、お彼岸を過ぎて雪が舞うこともあった。
桜の花に雪が積もったこともあった。

灯油はあと、4,5日分はあるだろう。

雪は降らないで欲しい。


去年より今年の冬は寒さが厳しかった。
家にいて、暖かい冬を過ごしたので、今年は良い冬だったなあ・・ととんちんかんな振り返りをしている。

e0036151_22540843.jpg
e0036151_22542453.jpg
この冬いくつもの和菓子と、お薄が楽しみですごした。
e0036151_23020945.jpg
e0036151_23030612.jpg
ピアノに没頭できた。

もちろん、寒い日はいくら暖房をしても、手術した左手が痛んだ。そして外で働く人たちの辛さを思った。
本は、さっぱり読まなかった。

食べることが忙しかったのだろう。

衣通姫が咲き始めた。
まず、一輪だけ咲いて、しばらくして、順に花の数が増えていく。

紅侘び助も吹雪白玉も、帥人も、太神楽も、みな、はじめに一輪だけ咲いた。咲いて、開花時期を再確認しているような。
e0036151_22513718.jpg
黄色い小さな水仙が、いっせいに同じ方向を見て咲いている。
まるでカルガモの雛のようだ。
e0036151_22511355.jpg
春になったとおもう。





[PR]

# by coppoumon | 2018-03-21 23:10 | 住まう | Comments(0)