のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:絵いろいろ( 15 )


2017年 12月 02日

香炉

e0036151_22205645.jpg
修理が済んだ香炉がおはな工房から戻ってきた。
三代目、高橋道八。

息子の四代目道八の香炉も、蓋の部分が12ピースに割れてしまっていたものを、便乗して修理していただいた。

e0036151_22210776.jpg
4代目の描くものはなぜか垂れ目である。
スタイリッシュでないのが、ほんとうにご愛嬌である。

e0036151_22225311.jpg
香炉は本棚の中。
e0036151_22212745.jpg
油絵も棚の中に入れてみた。

福井重男画伯は、90歳前後にもなられただろうか。
いつまでもお元気で、活躍されることをお祈り申し上げる。



[PR]

by coppoumon | 2017-12-02 22:51 | 絵いろいろ | Comments(0)
2017年 10月 26日

好きな絵

e0036151_21363860.jpg
壁の漆喰工事がおわって、やっぱり絵を掛けることにした。
楽器や本箱の位置を変えた。

コンデジでフラッシュなしで撮ると色がでない。

アップライトのうえは田島征彦氏の染色画、と決めていたのだが、オルガンの部屋に掛けてあるので、これはいじらないことにして、一番大事にしている油絵を掛けることにした。

e0036151_21370856.jpg
右側は「ブルターニュの田舎」南フランスである。
いずれ、行ってみたいと思いつつ、未だに叶わないが、もう、行かないかもしれない。
22歳の頃、淀屋橋のビルの一角は高島屋だった。
そこで買ったもの。ギャラの一か月分だった。

作者のグレゴワールは、ウイーンの人。
両親がパトロンとなって、南フランスやスペインを描いている・・と、そのときの画歴にあった。


左側は、福井重男画伯。
この方は、経歴が相当な方なのに、求める時は存じ上げなかった。

届いてから梱包を解いて、また仕舞って時々だしては眺めた。

いつまでもこの2枚の絵が見えるところにいて、ごそごそと作業をしている。

このさき、本をAとBにランクわけをして、Bを納屋の本箱に納める作業が残っている。

それよりも先に、納屋というか、元建具屋の作業場の補修をしなくてはならない。
こっちは釘打ち放題、穴掘り放題で、どうにでもできるのが楽しい。






[PR]

by coppoumon | 2017-10-26 21:51 | 絵いろいろ | Comments(2)
2016年 08月 01日

立ち雛

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by coppoumon | 2016-08-01 10:00 | 絵いろいろ
2013年 07月 22日

虫干し 2008年5月16日を、2013年7月22日に加筆

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by coppoumon | 2013-07-22 21:09 | 絵いろいろ
2010年 07月 04日

京都のお寺で、竹ばかりの屏風と、軸が出ていて、それらで取り囲むように人物が書かれた7本の軸が並べられていた。
なるほど、竹林七賢人の雰囲気を作ったのか・・と。

こういう遊びができるお寺はいいなあ、と、一枚ずつの竹の絵を丹念に拝見した。

中に黙雷和尚の軸が2本あった。

黙雷和尚は、江戸時代末期の壱岐の生まれ、昭和7年没。

私はこの人の書を好きであるが、絵は初見だった。

わが家にも、和尚様と同時代を生きた人の絵がある・・とおもい、雨の日だったが軸を出してみた。
出すと、かすかに伽羅がにおう。

e0036151_2323136.jpg


七夕の間、ずっと出しておこうかなあ、と暦を繰ると、旧暦の七夕は8月16日。
大文字の日と重なる。
天気が良いと、この日は京都市内は消灯があるので、天の川が見えるかもしれない。

七夕が済むと、すぐに秋になるのだなあ・・と暑中見舞いを出す前から、そんなことを考えている。
[PR]

by coppoumon | 2010-07-04 23:05 | 絵いろいろ | Comments(4)
2010年 05月 20日

都会

私は行ったことの無いパリの街で、名古屋の知人は引ったくりに遭った。
しかも、地下鉄の階段を上ろうとしている途中でのことで、バッグのヒモを手放さなければ
転倒して転げ落ちていただろう、という。

その息子は別の折に鞄をひったくられたという。
鞄の中には楽譜。楽譜だけは個人的な書き込みなどがあって、持っていかれるとどうにもやりきれない。
紹介されて、セキュリティの高いアパルトマンに住んだら、部屋を荒らされパソコンを持っていかれた・・とも聴いた。

私に入る身近なパリのニュースはそんなもので、雑誌で見るフランスの暮らしとはかけ離れている。

大阪駅の前は高層のデパートが建ち、増築をして、近景がなくなってしまった。
狭い道路に車があふれているのが、しいて言えば景色だ。

e0036151_13104849.jpg



行ったことの無いパリの絵。

e0036151_13135579.jpg
e0036151_13141989.jpg


樹木は枝を見せ、人の顔を区別し、声がとどく。


日本では、大部分の人は、高いところに上りたがり、地面の近くでは得がたい見晴らしを味わうのが、好きなようだ。

しかし・・人のことは言えないなあ。
わが家も4階だが、見晴らしが良くて、六甲まで望める。

2018・8・9 文章を追加

この手の絵は、上手いのか下手なのか私には分らない。
R KOISO とサインがある。
それが誰なのかはわからないが、小磯良平氏でないことだけは、理解が出来る。

あまりにも良平氏のサインに似せてあるので、面白いから買った。
額縁だけの値段で。

いまは、島根の友人の、社長室にかけてあり、客が「社長、いい絵ですなあ」と褒めよんねん・・と友人が笑う。

「いい絵」ではなくて、いいえ(NO THANKS)という洒落だったら、言い得て妙だなあ、とおもう。

「こりゃだめだ、こんな絵を掛けたら、恥でっせ」といってくれるお客さんが現れたらよいのになあ。

[PR]

by coppoumon | 2010-05-20 13:19 | 絵いろいろ | Comments(2)
2010年 03月 26日

冬のような春

e0036151_19462680.jpg
e0036151_19531541.jpg
e0036151_1954458.jpg
e0036151_19545872.jpg


桜が咲き始めて寒い日が続く。
最低気温二度。最高気温十度。あすは最低気温が零下一度だという。
わが家から数軒先のお宅は、梨の花が満開である。

一週間前は28度まで上ってバスに乗ると冷房が入っていた。
温暖化が進むと、3月にこういうちぐはぐな現象が起こるのだと去年も聞いた。

日が長くなって、夕方まで、珍しいくらい明るい日差しが入っていた。
外に出さえしなければ、確かに春だ。

柳の軸を出したが、日焼けしないうちにしまいこんでしまおう。
[PR]

by coppoumon | 2010-03-26 20:01 | 絵いろいろ | Comments(4)
2008年 12月 27日

雲鶴

もうひとつ軸先の話。

朝鮮民画がある。

裏打ちだけしてくるくるっと、丸めたままで放置しておいたが、唐子の絵だ。
5人唐子で、じいやと、ばあやの7人が、竹馬や乳母車で遊んでいる図。
隣の国の正月風景なのだろうか、と思うが、向こうの正月は寒いのだそうで、服装とはあわないなあ、などと、考える。

しかし、いつかは軸に仕立ててやらねば、とおもって、軸先を絵に合わせて雲鶴(うんかく)で、製作してもらった。

作家の軸先とは、どういうものだろう、と楽しみで、見本を渡した。
型で焼くのかと思ったら、轆轤でひくのだそうで、手間ではあるらしい。
見本のものは職人が挽いたようで、自己主張のないすっきりとした仕上がり。

作家のものは、立派に主張がある。
そこのところが面白い。
あくの強い絵にはそれなりの軸先が似合いそうだ。
e0036151_20454073.jpg


軸先のコレクションも面白いだろうなあ、とおもった。
e0036151_20461068.jpg

[PR]

by coppoumon | 2008-12-27 20:46 | 絵いろいろ | Comments(2)
2008年 12月 26日

軸先

南画の大家といわれた宗重望公の作品のうち、戦後の仕立てではないかと思われる一対の軸がある。

明治期、南画は日の当たらないところに位置付をされたように専門書には書いてあった。
家にある軸もあまりよい仕立てとはいえず、軸先に至っては樹脂である。
樹脂といっても、昭和のはじめに、憧れの素材としてアメリカから渡ってきたプラスティックではなさそうだ。

いずれ、近いうちに仕立て直しをすることにして、軸先を焼いてもらうことにした。

10組ほどの中に、お願いした以外のものがあって、どれも面白い。
骨ばったほうを冬の軸に、文様の入ったほうを春の軸に使ったらどうだろう、と思う。
e0036151_023132.jpg

今年は、クリスマスに自分のためのものがこうして与えられた。
[PR]

by coppoumon | 2008-12-26 00:03 | 絵いろいろ | Comments(2)
2008年 09月 27日

藩主の足取り

重望公は最後の藩主になるのだろうか。
若いころの、髷を結い、刀をさした普段着の写真を拝見したことはあるが、それはもうひとつ先代の父君の写真だったかも知れない。

重望公は慶応3年・1867年生まれ、大正12年1923年没。

e0036151_1147750.jpg


明治40年、現在の町田市にある香山園を訪れて、書いた絵。
40歳になった彼の作品である。

香山客舎というのは、瑞光殿で、明治39年に建て替えられたばかりだった。

今年で101年目の秋が、まためぐってこようとしている。

私には重望公と菱田春草が、どこかでダブる。

活躍した時期が同じころで、同じ表装の軸を見たことがあるのだ。

春草の「帰漁」という絵も晩秋を題材に雁が飛んでいた。

重望公の絵には、心を開放させるものがある。

しかし、春草の絵は、暗いのに、どこかしら懐かしさを感じた。

だから、それがどうした、というものではないのだけれど。
[PR]

by coppoumon | 2008-09-27 11:53 | 絵いろいろ | Comments(0)