人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 05日

とどのつまり

熟成させる、ということで名古屋に本社がある食パンの人気がよい、と何かで読んだ。
毎日食べて飽きないパン、というのが、隣の生協で売られていて、いつもそれを食べている。
一口食べて、劇的においしいと、言うパンではない。

自家製の相当に甘さを控えたジャムを載せても相性がよいし、きゅうりのトーストにしても悪くない。
たまに、雲丹を塗ったりするが、良い。
何もつけないトーストもおいしい。

出先で買うパン屋をいくつか決めている。そのうちのひとつはポールボキューズ。
もうひとつは一軒だけのパン屋さん。チェーン店はなく、買うのも食パン一筋。

あるとき行列が出来ていた。特別なアンパンを売り出したので、それを買うために客が並んでいるのだそうだ。
まさに長蛇。

あれ? 一年もたたないけれど、いつの間にか行列は消えているが皆のお目当てはこれだったはずだ。
e0036151_08418.jpg


究極なのだそうだ。アンパンに究極もないだろうと思うが、実際にはあるのだ。
買ってみたけど、半分で十分なおいしさだった。
近所にも、「幻のクリームパン」というのが売られていていた。
これも買ってみたけど、幻のままでよい、と思った。

普段使いの究極って、ダサいところに落ち着いて良いのじゃないスか?
極めつくして欲しくないものもあるものだと、思わず知ってしまった今日この頃。



話は関係ないが、
植木屋さんが来ると、三時にお茶とお菓子を出した。
お菓子ではなくて、お盆にジャムパン、あんぱん、クリームパンを山盛りにして、残ると紙に包まれたパンは、職人さんたちの仕事の終わりを待っていた。

いま、植木屋さんにコーヒーとケーキを出す。
好きなのをお取りください、といって、残りを家人で食べる。
そういえば、建具屋さんが来たときに、おやつに、鍋焼きうどんを出した。

究極のアンパンはいつ、どのようなときに食べたら良いのだろう。

by coppoumon | 2009-09-05 00:36 | 買った | Comments(0)
2009年 09月 02日

繋がり 華頂亭道八

7月に建仁寺の両足院を拝観したおりに、対馬にあった以酊庵に輪番僧を勤められた方が、仁阿弥道八(二代目高橋道八)、華頂亭道八(三代目高橋道八)と交流があったことを知った。

その頃に明治となり、幕府御用の以酊庵はなくなった。文書は対馬にも残っているが、輪番僧個人の書き綴った日記や記録は持ち帰られて、両足院にも伝えられていることを、併せて知った。

対馬藩は、輪番の僧を大変丁重にもてなして、役目を離れるときは、茶碗60個などと、さまざまなものを贈り物としている。

すでに釜山にあった、対馬藩の和館の窯は1720年頃には閉じられて、対馬の志賀に窯が開かれてはいたが、殿様の茶碗蔵には代々のものが年代別、作者別に整然と納められていたといい、今でも大徳寺和尚由来の茶碗などが出回るので、高橋道八親子(二代目と三代目は親子)は対馬からの焼き物を見る機会はあっただろうと思う。

三代目道八の得手は、雲鶴、粉引、三島。
和館窯そのままだ。

三代目道八の、この、半筒茶碗は、どこか対馬を思い出させないでもない。

e0036151_22534331.jpg




このブログの08年5月16日に虫干しをしたときの軸のひとつに三代目高橋道八戯画と、本人が箱書きしたものがあり、
軸の絵の松林と同じ感覚が、デジャヴのように、この茶碗に息づいている。
e0036151_23121717.jpg


この三代目のときに明治維新になった。
三代目は四代目をつれて佐賀県に要請されて焼き物の指導に出向いている。
当時、島の振興に心を注いでいた殿様が、東京に出立した話をじじ様ばば様から聞いた、あの時代なのだ、と近頃ようやく、思い巡らすようになった。

隷書は「松看行奨」と書いてある。
もっとも右からレ点をつけながら読むので、マツヲミニイクコトヲススムになるのだけど。

よく手入れされた庭の松を見ながら毎日を過ごすような生活は望めないが、時折は、松滴庵のような心地の良い庭の見事な松を拝見に行って、また、思いつくままに松の木のある庭を転々と歩いてみたい。

ここにある松は自然の風景とは百も承知なのだが近所に松並木を探すのは難しくなった。

by coppoumon | 2009-09-02 23:07 | Comments(2)