人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 27日

風邪、ひいてまんねん。

このブログで、たまに風邪引きの記事をみつける。
ところが現在の家に越して、風邪で寝込むことは無かった。

じつは21日から風邪をもらった様で、後手後手になったのか、39,2度まで熱があがってしまった。

ははあ、熱による全身消毒みたいなもんやなあ・・とやりすごして、それなりに経過もよかったが、日曜日に無理をして、気管支がエンストを起こしてしまった。

ぶり返し。

熱は八度台が数日、そのあとは七度台を上がったり下がったりで、おとなしくしていたら、咳もそれほど出ない。
咽頭炎、気管支炎。もう、友人の範疇かもしれない。

退屈で体温計で、無意味な計測のくりかえし。
体温だけではなく、たまに「余命計」に変化して、37,1は、じつは37ヶ月と1日のことなんです・・としらせてくれたら面白いだろうなあ・・・などと妄想をする。

越してまもなく、お向かいのおじいさんが、「私、あと3年ちょい、だと思うんです。それで、使わせていただいていた畑をお返しします。蘭の棚も、とりはらって、蘭は欲しい人に差し上げますわ」

と私につげた。

早朝の空を見る。

e0036151_18070933.jpg
そろそろ食料が怪しい。だけど、熱も下がるだろう。

あさはチーズとトースト、ジャムのトースト。八枚切りのうすいものなので、2種類たべる。

ひるは、精進。具をたくさんにした味噌汁、千枚漬け、ご飯。

夜はトリ団子のシチュウ。
e0036151_18071914.jpg
二日前、鮭のシチューを作ったのこりを仕立て直したもの。
白ご飯と、農家のひとの趣味の奈良漬。

いただきます。椅子に座ると、hidebowの透明な声が聞こえる。

梅干を出したら?

そうそう、いただいたのがあまりにもおいしかったので、翌々年リクエストしたら、申年の梅干し、最高やけね、たのしんでください。長生きしてくださいよ、と、メッセージがあった。

じゃあ、ならづけは一切れ戻して、れいぞうこに秘匿したうめを一粒出した。
e0036151_18072880.jpg
ああ。うんめ。




by coppoumon | 2018-11-27 18:40 | 常の日の惣菜 | Comments(2)
2018年 11月 27日

柚子ジャム 2018・11・H

残り15キロほどの柚子が傷まないうちに、次のジャムを作った。

e0036151_18062676.jpg
つくるのはかんたんで、ついでにポン酢ができてしまう。

島根の友人は、もう、おくってこなくても充分なのだそうだ。
で、こちらでも、数軒に差し上げた。

ぽってりとしたじゃむをうすいトーストに乗せてたのしむ。
冬だなあ、と実感する。




by coppoumon | 2018-11-27 18:11 | ジャム | Comments(0)
2018年 11月 24日

静かな日 画題より

年に一度、絵を買う決心をする日を決めている。
まず、福井重男画伯の作品を真っ先に思案する。

一昨年と、その前、いつだったか、2年は入手することが出来なかった。
昭和30年前後、この方はピアノをテーマにした作品をいくつも描かれたことをしっていた。
わたしは昭和30年代の、ピアノ職人が夢中で作っていた頃のピアノほしいと、時々思う。

あ、そんな話じゃなかった。

今回はピアノの描かれた作品を入手した。

e0036151_19074950.jpg
ピアノがきちんと描きこまれ、この丸いものは何だろう。
私の持つ画伯の絵の中には必ず、いくつかの○が描かれる。

そのまるい象形をみると、どうしても欲しくなってしまうのだから、ふしぎだ。

ピアノは我が家のものと同じサイズのようだ。

この冬の初めに、咽喉炎から九度二分の熱を出してしまった。
熱でウイルスをやっつけるだけの体力があるってことですねえ・・などと慰めとも、驚嘆とも付かぬことを言われる。
9度を超えたのは30年ぶり。人生で3度目である。もう、無いことかもしれない。

今年は「名残」がひとつのテーマだった。

毎日、バッハのフーガを弾く。
自分自身との対話であったり、ここまで導いてくださった諸先生方への感謝であったり、タイムマシンに乗って学んだ頃の時代に、気分に、もどったり、である。

日々の暮らし、音は出ているけどもたしかに「静かな日」である。






by coppoumon | 2018-11-24 19:34 | 絵いろいろ | Comments(0)
2018年 11月 22日

冬の訪れ

太神楽がさいた。

まずひとつ咲き、それが散ると次々と開花が始まる。
今年は2,3日送れて2輪目が咲き始めた。

e0036151_19073700.jpg
花が咲く頃から、へやに暖房が入る。

太神楽が、我が家では冬を知らせてくれる。しばらくは、太神楽の蕾の数を数えるたのしみがある。


by coppoumon | 2018-11-22 19:13 | Comments(0)
2018年 11月 22日

秋の和菓子

9月になると重陽がやってくるので、菊をかたちどった和菓子が出揃う。
菊の御名を持つ和菓子は、どれほどあるのだろう。
出来ることなら全部食べてみたい。・・しかし、願うと叶うことが多いので、滅多にこういうことを思いついてはいけない。

裏庭の菊は次々に咲いて、何種類あるか、数えることを楽しみとする。

薄ピンクの一重、八重。
オレンジの花弁、オレンジに黄色が入ったもの。
ポンポン咲きの黄。
赤紫。
黄色、黄色にオレンジのふちのあるもの。
白。

もう一種類あったのじゃないかな。

e0036151_18520674.jpg
松寿軒の和菓子にも菊の名前があった。
正確な御名はわすれてしまったが、菊が少し開花を始めた様子をイメージしたという。

e0036151_18521812.jpg
濃紅葉の載った道明寺の饅頭は、ズバリ、もみじ饅頭。
これは枚方市のおまんやさん。

e0036151_18524692.jpg
ご近所の和菓子の遠山は、この通り鮮やかなもみじ山である。

e0036151_18530107.jpg


by coppoumon | 2018-11-22 19:04 | 和菓子 | Comments(0)
2018年 11月 16日

柚子ジャム 2018 11G

島根から25キロ、ゆずが送られてきた。
ジャムにして、送り返せ、ということらしい。

そんなに出来るか‥と訝しくおもったら、収穫したものを箱に詰めたので、すべて送ってしまったという。

何にしてもゆずが痛まないうちに作業にかかる。

柚子は簡単である。

二つ割にして種を取り、軽くに煮こぼして柔らかくなるまで煮る。

裏ごしして砂糖を足し、煮詰める。

しかし・・・にこぼしして再び煮るときに、砂糖を加えてしまうほうが
処理がしやすい。

柚子30個から4キロのジャムが出来たので島根に全部送り、なべ底から掬い上げたものを小さなビンに詰めた。

e0036151_10052349.jpg
これがなかなかいける。



by coppoumon | 2018-11-16 18:36 | ジャム | Comments(0)
2018年 11月 08日

裏庭の菊

夏があまりにも強烈な暑さだったので、吹雪白玉も、玉之浦も枯れてしまったようだ。
日陰になるようにと植えた菊が咲き始めた。

今年、菊は何種類咲いてくれるだろう。

e0036151_13582701.jpg
e0036151_13583860.jpg
菊はよく茂っている。
ほんらい懸崖菊なのだから、肥料をたっぷりやったら、うんと大きくなるのかもしれない。
まさか、椿にあげた肥料を食い物にして、こんなに大きくなったのではないだろうなあ・・いやいや、酷暑に残ったのだから、褒めるべきか。

南天があちこちで実生の芽を出している。
南天は暑さに強いようだ

冷え込んだ日もあった。
早々に「初霜」を見る。もちろん、和菓子のはなしではあるが。

e0036151_13585469.jpg
珈琲、紅茶、抹茶に緑茶。

禁止である。ストップが掛かっている。
珈琲紅茶カフェインレスならいいのかな。

緑茶がだめでも、ほうじ茶がある。

お茶が欲しい時には、デミタスでティースプーン一杯の蜂蜜を熱湯で溶かして楽しんでいる。


by coppoumon | 2018-11-08 14:10 | 裏庭 | Comments(2)
2018年 11月 05日

三巡目 10月に弾いたもの

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by coppoumon | 2018-11-05 22:45 | 音楽の勉強
2018年 11月 02日

コロッケ

旅行から帰ってきて、翌日から仕事。
こういうシチュエーションは、わたしには無理がある。
帰宅して、一日はゆっくり出来ないものかと思うが、出来ないものはできない。

翌翌日は雨だった。
大阪まで出かけ、帰りに梅田大丸で、ポールボキューズのパンを買う。

帰り着いてほっとしていると、外で声がした。
あわててでてみると、ご近所さん。

遅かったのねえ。お外で食事でもしてきはったん?
なんども、まだかまだかと、出たり入ったりしたのよ・・

こういってガラスのメイドインおフランスのお皿を差し出された。

いえ、食事はこれからです。
なんと、感謝感激。

押し頂いた皿の中には、大き目のコロッケ2つ。

じゃがいもを半分潰して、ミンチ肉が入っている。

e0036151_22200503.jpg
いかにも、家ならではの、ご馳走だ。

しみじみおいしいと思った。今年のナンバーワン。





by coppoumon | 2018-11-02 22:26 | 美味しかった | Comments(0)
2018年 11月 02日

紅玉のジャム  2018 10 F

紅玉で、ジャムを作った。

紅玉は1,7キログラム。
砂糖を350グラム。

砂糖の分量がちょっと少ないかなあ、とおもいつつ、減らせるものなら減らしたい。
レモンが無いのでブランディーをおまじない程度に入れた。

生姜の繊切りが使い切れずにあったのを、こまかなあられに切って加えた。
出来上がりを食べていると、なにか舌にさわる。
それが生姜だと気づくときには、もう、口の中のどこにも無い。

今年は、生姜で、行こう。
生姜のたっぷり入った紅玉のジャム。

e0036151_09500153.jpg
パンは、富田団地のなかにあるという、maru というパン屋さんの食パン。

食パンに自信があります、というお店のパンは絶品。ジャムは余計かもしれない。




by coppoumon | 2018-11-02 22:12 | ジャム | Comments(0)